今さら聞けないバイアグラ

こんにちは~、ぶんちゃんです。「バイアグラ100ml男」の名で知られる船越英一郎騒動もすっかり静まり返っていますが、松居一代の動画内での唐突のバイアグラ発言には正直腹を抱えるほど笑いましたw

 

 

 

 

今日はそんな「バイアグラ」について、冗談抜きで真面目に話していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

 

 

まず、皆さんの疑問に思っていることを目次形式にしましたので、ご覧ください。

 

 

バイアグラって何?

バイアグラとは、一言でいえばED勃起不全勃起障害の治療薬です。その歴史は古く、もともとバイアグラはED治療薬ではなく、狭心症の薬として開発が進められていました。

f:id:bunntinnmalu:20170905135132j:plain

その後、臨床試験の過程の中で、男性の勃起を促進する効果が発見され、性器の勃起不全を適応症として販売が開始されました。日本での販売は、1999年に処方箋医薬品として認可され、今現在まで、正規のED治療薬として広く利用されています。

 

勃起の仕組み

勃起の仕組みは、簡単に思えますが、色々と複雑なんです。

まず、性的な刺激によって大脳が興奮。

       ↓

その興奮は脊髄を通って勃起中枢に伝わります

       ↓

その後、男性器の陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の神経に届きます。

       ↓

すると、海綿体の中で「一酸化窒素」が放出され、血管や筋肉に作用します。

       ↓

そうすると、「サイクリックGMP」という物質が増えるんです。

       ↓

このサイクリックGMPが増えると海綿体の筋肉が緩んで血管が拡がり血液が大量に流れ込みます。

       ↓

すると、スポンジ状の組織である海綿体に血液が充満します

       ↓

      勃起発生

       ↓

しかし、このままではすぐ直ってしまうので、ある程度血液が流入すると、海綿体の静脈が圧迫されて塞がります

       ↓

      勃起持続

 

ざっと説明しましたが、このような流れになっています。

 

 

 バイアグラの効果

上記でも述べたように、勃起を形成する上で重要なものが血液です。

 

で、この血液を集めるために重要な働きをするのが、「環状グアノシン一リン酸」なのですが、「5-ホスホジエステラーゼ」と呼ばれる酵素が、「環状グアノシンーリン酸」を分解してしまうのです。

 

これが、男性器の勃起不全の原因となっています。バイアグラの有効成分である「シルデナフィル」は、この5-ホスホジエステラーゼの働きを妨害する効果があり、

 

これによって環状グアノシン一リン酸は本来の働きができるようになり、男性器が正常に勃起できるようになるのです

 ED(勃起不全・勃起障害)の主な原因

①心理的なストレス

 職場や学校でのストレスや、日常的なストレスもEDの原因です。

 

②加齢

 加齢により、糖尿病や高血圧などの生活習慣病血管の老化などが挙げられます。

 

③不規則な生活習慣

 不規則な食事を続けていたり、日常的な運動不足、飲酒・喫煙など

 

他にも理由はありますが、今回は主な原因を紹介しました。

 

バイアグラの効果時間

バイアグラを服用すると、30分程度で効果が実感

       ↓

1時間程度で効果のピークを迎えます。

       ↓

その後は徐々に効果が減退。

       ↓

4時間程でピーク時の半分ほどになります。

 

性行為1時間前の服用がおすすめ。

 

バイアグラは女性にも効果があるのか?

バイアグラを女性が服用すると、男性が服用したときと同様、血液量が上昇し、全身の血行が良くなります。これによって、性的興奮度が増し、性欲が増進します。バイアグラ=男性では、ありません!

 

バイアグラ100mlは危険?

危険です。ちなみに、日本で正規販売されているバイアグラは25mg と50mg の2種類のみ。100mg を入手するには個人輸入を利用するしかありません。そしてその個人輸入に関して、バイアグラを製造する製薬会社・ファイザーは「あぶない」と注意喚起しています。

 

 参考

http://www.skincare-univ.com/healthcare/

http://ed-netclinic.com/

 

 

 

いかがだったでしょうか?これで無知の状態からある程度「バイアグラ」と「ED」について知ることができたと思います。もっと詳しい説明は、薬の箱やドラッグストアなどで聞いてみることをお勧めします。

 

では、また次の記事でお会いしましょう(^^)/