なんで、みんな紙切れを信じるの?

こんにちは~、ぶんちゃんです~(^^)/

 

 

 

やっと金曜日ですね~、楽しい楽しい週末がやってまいりました、部活の方も文化祭代休なのでお休みです~

 

 

 

だから本当に何もない休日ですね~何をしようか。勉強ゲーム友達と遊ぶ?それともブログ更新しまくる

 

 

 

そう言えば3連休でしたね(笑)忘れてました。。とは言っても月曜から修学旅行なのであんまり関係ないか・・・皆さんはどんな3連休過ごしますか

 

 

 

ま、そんな話は置いといて今日は「お金」の話です!

 

 

f:id:bunntinnmalu:20170818170555p:plainやらしい話なんじゃないの~?

 

 

 

違うますよ、「お金」と言っても、いくら~とか金額の話ではなく、「お金」そのものの話です。

 

 

 

f:id:bunntinnmalu:20170818170555p:plainそのものの話って?

 

 

ぶーちゃんは多分持ってはないけど、人間は「お金」という、まぁ便利な物を使っていて、それで食べ物や洋服やサービスなどを買っているんですが、その行為を行う上で重要なのが「お金を信じる」ということ。

 

 

f:id:bunntinnmalu:20170818170555p:plainなんか分っかりにくい話やな~

 

 

う~ん、じゃあ、まず基本的な説明からしますね。日本という国では日本銀行券と補助通貨の2種類を使っています。ここでは僕の財布に入っているお札の画像です。他にも古いもの等ありますが、ここでは割愛します。

 

 

日本銀行券

f:id:bunntinnmalu:20170915172327j:plain

僕の財布に一番たくさん入っている日本銀行券。冗談です。

f:id:bunntinnmalu:20170915172428j:plain

たま~に財布に入っているぐらいの日本銀行券

f:id:bunntinnmalu:20170915172545j:plain

 僕の財布のレギュラー日本銀行券

 

補助硬貨

f:id:bunntinnmalu:20170915173018j:plain

個人的に一番好き。なんか入っていると気分が良い。分かる人いるかな?

f:id:bunntinnmalu:20170915173128j:plain

自動販売機の人気者。

f:id:bunntinnmalu:20170915173334j:plain

鋤でも嫌いでもないお金。いわゆる普通的存在

f:id:bunntinnmalu:20170915173451j:plain

駄菓子を買うために生まれてきた硬貨(笑)

f:id:bunntinnmalu:20170915173652j:plain

実るほど頭を垂れる稲穂かな

f:id:bunntinnmalu:20170915173936j:plain

 1g=1円で有名です。

 

 

ざっとお金の画像を見た所で、この記事の本題の話なのですが、普通、この日本銀行券と補助硬貨を、それぞれ1万円から1円の価値があると当然の如く思っているわけですよ。私を含めほとんどの人が。

 

 

 

 

でも現実的に考えたらそんな価値はありません。ここでの価値というのはその紙幣を作る作成費を考えたらわかるように、1万円札を作るためには1万円かかりません。所詮ただの紙切れです。

 

 

 

 

すみませんね当たり前の話を書いてしまってm(__)m 要するに僕が言いたいことは、紙切れを価値があると思い使うことに、なぜ疑問が湧かないのかな~と思うんですよ。

 

 

 

 

確かに今の貨幣は兌換紙片であるから、その紙切れに価値があるようになっていますが、そのもの自体に価値はない

 

 

 

日本政府が「この紙切れは価値があります!」と保障することによって、みんな普通に、何のためらいもなく使っていますが、実際価値はないんですよ。。。

 

 

 

なんか伝わりづらいですね・・・・

 

 

皆さんがお金に価値があると思う理由はなんですか?あればコメントの方よろしくお願いします。

 

 

 

おしまい