死ぬ準備は出来ている。

どうも、みなさんこんばんは~ぶんちゃんです(^^♪ 

 

 

 

本日2回目の投稿です。これが何を意味するのか?

 

 

 

それは「時間に余裕」があるということ。いつもなら明日の宿題や授業の準備をしなければいけませんが、明日は休日なので後回しです(笑)

 

 

 

 学校の先生も言っていましたが、大人になるとろくに休めないらしいですね。現に僕の父もひどい時で17時間働いていました。ちなみに教師です。ちなみに中高一貫校です。

 

 

 

僕もね、父に「そんなに働かせる学校はブラックなんだから、近くの労働基準監督署に訴えた方がいいよ」と助言してあげました。

 

 

 

 

 

まぁ、そんな前置きは置いといて、本日2回目の話題は、タイトル詐欺的なタイトルですが、至って真面目な内容なので安心してください。

 

 

 

死ぬ準備は出来ている」というのは、いつでも死んでいいように心の準備ができているということを意味しています。何も学校や世間に嫌気がさして自らの命を絶つ準備ができているという意味ではありません。とりあえず100歳までは生きたいので(笑)

 

 

 

じゃあ、なんでそんな準備をするのか?というと、この準備をすることによって毎日がほんと楽に生きることができるからです。具体的に説明すると、今や日本は安全じゃありません

 

 

 

皆さんも周知の事実のように、北の国からバンバンミサイルが飛んできています。最初はびっくりしましたが、もう驚きませんね(笑)よくある地震速報や大雨警報を見ても何も感じない的なやつです。

 

 

 

まぁミサイルに関しては人工的といいますか、少なからず自然の現象ではないので、どうにかこうにかすれば解決できますが、解決できない問題もあります。いくつか挙げてみます。

 

 

 自然災害

f:id:bunntinnmalu:20170915222829p:plain

 一つ目は「自然災害」です。今も台風18号が北へ北上中ですが、人類は自然災害に勝てません。勝ち負けの問題でもありませんが・・・、ともかく日本に住む以上、台風地震火山・津波(津波に関しては地震とセットですが、ここではあえて加えました)等の自然災害と隣合わせで生活しています。地震に関しては、東海地震南海トラフ地震首都直下地震などいつ起きてもおかしくありません。

 

 

 

交通事故

f:id:bunntinnmalu:20170915222728p:plain

自然災害より、突発的で予想できない問題ですね。僕は学校の行き帰りは、自転車なのですが、ヒヤリハットすることは日常茶飯事です。車と並走している最中に急に右折や左折してくる場合や、急に飛び出してくる自転車やバイク。特に雨の日は怖いですね。ただでさえ視界不良な上に、路面は滑りやすくなっていて、ブレーキが効きにくくなる所もあります。

 

病気・感染症

f:id:bunntinnmalu:20170915222921p:plain

僕は今まで、入院するような大怪我や大病を経験したことはありませんが、それは過去の話であって、未来もそういったことが起きないとは断言できません。いくら食生活に気を付けようが、適度な運動をしてようが、生きている以上誰でも病気や感染症で死亡することはあります。つい最近も、惣菜店で腸管出血性大腸菌0157に感染した3歳児が死亡する事例が起きました。これに関しては店側の不十分な衛生管理が指摘されていますが、それでもとても恐ろしいです。

 

テロ

f:id:bunntinnmalu:20170915223123p:plain

今日の夜のニュースでもやっていましたが、またロンドンの方で爆発があったようです。まだテロなのか容疑者は誰なのか?といったことは公表されてはいませんが、恐らくIS(イスラミックステート)などの反社会的勢力による犯行だと思われます。日本は島国なので水際対策を徹底すればテロを未然で防ぐ可能性は高まりますが、1995年(平成7年)3月20日に、東京都の帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)で、宗教団体のオウム真理教が起こした神経ガスを利用した同時多発テロ事件、後の地下鉄サリン事件のように国内の過激思想を持ったグループによるテロが起きないことも否定できません。

 

ミサイル等

f:id:bunntinnmalu:20170915224117p:plain

これは最悪のシナリオの場合です。今のところ北朝鮮は日本の領土に対しての攻撃は行っていない(今まで2回の日本上空のミサイル飛行は、日本を狙ったのではなく、あくまでアメリカのグアム基地攻撃を想定した実験である)、しかし、あのトランプ大統領のことである、もしもトランプの堪忍袋の緒が切れ、北朝鮮本土へのミサイル攻撃を行った場合、日本の駐留米軍基地への攻撃も想定される。そうなれば、あわよくば沖縄は壊滅。本土でも大勢の死者が出ることが予想される。また核を搭載したミサイルであるならば、永年にわたってその土地が放射能で汚染され、2次的被害をもたらしかねない。

 

最後に

僕は怖がらせるつもりは一切ありません。ただ平和ボケしているならば今すぐ現実を見てください。一歩日本から出たら、もっと危険が待っています。でも、死ぬ準備をする、すなわち、いつ死んでも良いような心持ちをしていれば怖くありません。遺書を書くとかではなく、ただ準備をしてほしいのです宗教とかでもありません。繰り返すようですが、準備をしてほしいのです。「備えあれば患いなし

 

 

以上です。