働いてお金を得る?それとも働かないで得る?

どうも、こんばんは。ぶんちゃんです

 

突然ですが、皆さんは「4つのクワドラント」って知ってますか?

 

4つのクワドラントとは

4つのクワドラント」とは「ESBI」という収入の経路を表したものです。まぁ、人が給料を稼いだ時に、どのように稼いだか?を図式化したものですね

f:id:bunntinnmalu:20171005225139p:plain

E:EMPLOYEE(従業員)

  高校生のアルバイトは、ほとんどこれに分類されます。マックでのバイト・コンビニバイトや一般のサラリーマン

S:SELF EMPLOYEE(自営業者)

  個人経営を指します。例えば、花屋さん・チェーン店ではないラーメン屋など

B:BUSINESS OWNER(ビジネスオーナーすなわち社長)

  これは言うまでもありませんね。会社の社長です。

I :INVESTOR(投資家)

  投資家にもいろいろと種類がありますが、ここでは、FXトレードしている人を除きます。何故、除くかと言いますと、FXトレードで利益を出している人は、自分で株を売買しなければならないので、言い方を変えると「自営業」と何ら変わりないからです。

 

 

そして、この「ESBI」は2つに分けることができます。分かりますか?

 

 

正解は、E・SB・Iです。この2つには、それぞれ特徴があります

 

「E・S」の特徴

時間の切り売りでお金を得る

 多くの人は、時給~円で働いているように、自分の時間を売ることによって、その対価として報酬を得ています。

お金を稼ぐほど忙しくなる

 お金が欲しければ、その分、自分の時間を売らなければならないので、忙しくなります

収入が増えると労働時間も増える

 収入が多いならば、それだけ労働時間も多いです。

 

 

要するに、【お金を稼ぎたければ、その分時間を使え】ってこと。

 

 

 

「B・I」の特徴

お金を稼ぐほど、時間は増える

 基本的に時給~円という稼ぎ方ではないので、自分の時間を売らなくても、収入を得ることができます。上の「E・S」と比べると、同じ1000円を稼ぐにしても、1時間で稼ぐのか、1分で稼ぐのか、によって違うので、相対的に比較すると時間が増えたと言うことができます。

収入UPに伴い労働時間は減少

 収入が増えれば、その分大きな額の投資が行えるので、以前に比べると労働時間も減少します。

 

 

要するに、【時間を売らなくても、お金を稼ぐことが可能】ってこと

 

 

あなたは、どのクワドラントに属していますか?

日本人の97%以上が、「E・S」に属しています。高校を経て、大学へ行き、会社に勤める。こんな常識を何の違和感もなく、進んでいくと「E・S」のようになります。何も悪いことはありません。それが「当たり前」なんですからね(笑)しかし、これでは経済的なゴールに達したとは言えないんですよ。

 

 

サラリーマンの方は、今までどのくらい会社に対して時間を売りましたか?計算したことはありますか?自分の総労働時間を把握していますか?サービス残業・休日出勤・・・等、どれほど時間を使いましたか?

 

やっていないのであれば、今すぐやりましょう!

 

いくら年収が高くても、働く時間が多ければその分時給は低くなります

 

 

 では、経済的なゴールとは何か?

自分が働かなくても右肩上がりで収入が上がり続ける状態を作り出すこと

これに限ります。汗水たらして働くのも結構ですが、それはゴールではないんですね~

 

 

 

これからの時代はどうするべきなのか?

まぁ一言で言えば、「勝手に収益を出してくれるマシン作ること」ですね。一番メジャーなもので言えば、グーグルアドセンスです。サイトに訪問した人が、そのサイトをクリックしてくれるだけで報酬が発生します。あなたがトイレをしていても、寝ていても、ゲームしていてもどんどん財布にお金が入ってきます。僕もこの「マシン」を作るために少しづつ勉強を始めています。人工知能の普及や時代の変遷により、多くの仕事は姿を消します。そんな時に、この「マシン」がなければ、あなたは路頭に迷うでしょう。今からでも遅くはないので、少しづつこれからの時代のことを考え、人より先に行動することをおすすめします。

 

 

以上。社畜になってたまるか!と思う17歳の考えでした。