父ちゃんがボカロを聞き始めたよ

どうも、どうも、どうも、ぶんちゃんです。

 

 

今日はね、我が家の大黒柱である「父ちゃん」について話したいと思います。

 

 

僕の父ちゃんは、中高一貫校の3年生の担任と生物の先生を受け持っています。職員歴30年以上で、趣味は音楽を聴くこと、好きな食べ物はヨーグルトで、嫌いな食べ物はピーマンです。物欲はほとんどなく、浮気も遊びもしない、酒も飲まない、たばこも吸いません・・・まぁ素晴らしい父ちゃんです。

 

 

で、そんな父ちゃんが最近「ボカロ」というものを聞き始めたんですね。時を遡る事2か月前くらいですかね、父の部屋をたまたま通りかかった時に、聞き覚えのない声質が聞こえてきて、「ん?」と思い、耳を澄ませてみると「ボカロ」だったんです。

 

 

僕自身その分野の知識は全くないのでよくわかりませんが、「人間の声」ではありませんでした。「父ちゃん」は、普段1960~70年代のいわゆるヒット曲がバンバン出た時代の洋楽が好きらしく、中でも「Earth, Wind & Fire - September」をよく聞いています。誰もは一度は聞いたことのある名曲です。

 

 

まぁ「父ちゃん」になんでボカロ聞いているの?って聞くのも気が引けると言いますか、聞く気にならないのでほっといていますが、僕の中では父が少し進化したのかもしれません。ちなみに「父ちゃん」はガラケーなのでスマホゲームなんてものには無縁です(笑)

 

 

よく会う人会う人から、「お父さんが学校の先生って、大変じゃないの?」って聞かれるのですが、正直大変ではありません(笑)勉強しろ勉強しろなんて言いませんし、教育については自分任せですね~。ただ「ボランティア活動はしなさい」とはよく言われます(笑)

 

 

まぁ今日は少し父ちゃんの話でした~